診療科の紹介

診療科の紹介SUBJECT of MEDICAL TREATMENT

消化器内科

患者さんへ

当科は、各疾患の診療ガイドラインを準拠し、医療の安全と感染予防に努めています。また、主治医のみならず同科・他診療科の医師とも相談の上、患者さんの意志を尊重して治療方針を決定しています。加えて、カプセル内視鏡やダブルバルーン内視鏡を用いた小腸の診断や超音波内視鏡検査、ラジオ波焼灼術などの最新医療も実践しています。

休診案内

※急な変更等により、お知らせが出来ない場合もございます。

休診医師 休診日 代診医師

外来診療担当医表

各診療科の外来診療担当医表は下記PDFをご覧ください。

スタッフ紹介

職種 名前 役職や資格など
医師 田中 弘教 田中 弘教
消化器内科主任部長 兼 消化器内視鏡センター長
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本肝臓学会認定肝臓専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本超音波医学会専門医・指導医、日本カプセル内視鏡学会認定医
医師 奥山 俊介 奥山 俊介
消化器内科部長
日本内科学会総合内科専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本消化器病学会指導医・専門医、日本肝臓学会専門医
医師 李 兆亮 李 兆亮
消化器内科部長
日本内科学会認定内科医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本がん治療認定医、日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本内科学会総合内科専門医
医師 石井 昭生 石井 昭生
主任医長
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化管学会認定医、日本内科学会総合内科専門医
医師 﨑山 勉
主任医長
日本内科学会認定内科医、日本がん治療学会がん治療認定医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本内科学会総合内科専門医
医師 内橋 孝史
医長
日本内科学会認定内科医、日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医
医師 田中 祐司
医長
日本内科学会認定内科医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医
医師 宮本 優帆
日本内科学会認定内科医
医師 亀井 基宏
医師 加藤 豪
医師 白石 哲也
医師 田村 公佑
応援医師
日本内科学会認定内科医、日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本消化管学会胃腸科認定医、日本医師会認定産業医、医師の臨床研修指導医講習会終了
医師 山﨑 之良
応援医師
日本消化管学会胃腸科認定医、日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医、日本糖尿病協会登録医、日本臨床内科医会認定医
医師 齋藤 正紀
応援医師
日本内科学会認定内科医、日本肝臓学会肝臓専門医
医師 高橋 裕二
応援医師
日本消化器内視鏡学会専門医、日本外科学会認定医
医師 池田 直人
応援医師
医師 坂井 良行
応援医師
日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医
医師 柚木崎 紘司
応援医師
日本内科学会認定内科医 ・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、医師の臨床研修指導医講習会終了

対象疾患

食道 逆流性食道炎、食道がん、食道静脈瘤
胃、十二指腸 胃炎、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍
肝臓 肝炎、肝硬変、肝がん、肝腫瘍、脂肪肝
胆のう、胆管 胆石、胆管結石、胆のう炎、胆管炎、胆のうがん、胆管がん
膵臓 急性・慢性膵炎、膵石、膵がん
大腸、小腸 大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病、小腸疾患

大腸内視鏡検査について

検査前日までのお食事、当日の下剤準備、飲み方、検査前後の注意事項を動画にしています。
下剤の種類はニフレックとモビプレップの2種類あり、医師が適切な下剤を処方します。
それぞれ、準備のしかたと飲み方が異なっています。

ニフレック
下剤:ニフレック
モビプレップ
下剤:モビプレップ

外来診療

初診

かかりつけ医からの紹介状を持参の上、当院までお越しください。

セカンドオピニオン
肝臓腫瘍 ウイルス性肝炎の診断と治療 田中 弘教
胃・食道 大腸腫瘍の内視鏡治療 奥山 俊介
膵腫瘍および膵疾患 李 兆亮

主な入院診療

食道 消化管止血術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、食道静脈瘤結紮(EVL)
消化管止血術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、ポリープ切除、化学療法
十二指腸 ヘリコバクター・ピロリ菌除菌
肝臓 ラジオ波焼灼術、肝生検(肝腫瘍生検)、肝動脈塞栓術、腹水治療、分子標的薬治療(肝細胞癌)
胆・膵 超音波内視鏡、超音波内視鏡ガイド下穿刺(FNA)、内視鏡的乳頭括約筋切開術、閉塞性黄疸ドレナージ等
小腸 小腸内視鏡(カプセル、ダブルバルーン)
大腸 消化管止血術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、潰瘍性大腸炎およびクローン病治療、大腸ポリープ切除、腸閉塞

診療実績(2020年1月~12月)

入院上位疾病
結腸、直腸、肛門の良性新生物 334
胆石症 168
胃の悪性新生物 99
腸の憩室性疾患 83
肝および肝内胆管の悪性腫瘍 80
結腸の悪性腫瘍 77
胆道のその他の疾患 76
消化器系のその他の疾患 66
麻痺性イレウスおよび腸閉塞、ヘルニアを伴わないもの 63
腸のその他疾患(大腸ポリープ、腸潰瘍、腸穿孔等) 56
腸の血行障害 56
(単位:件)