本院における新型コロナウイルス感染について

本院における新型コロナウイルス感染について

当院職員の新型コロナウイルス感染に関するお知らせ

令和3年4月21日(水)、当院の臨床工学技士1名が、新型コロナウイルスに感染していると判明しました。

当該職員は家族の陽性が判明した4月15日(木)以降、自宅待機しております。また、就業中は常時マスクを着用しており、患者様および職員に濃厚接触者はおりません。このため、宝塚健康福祉事務所の指導の下、全ての診療業務を通常通り継続してまいります。

職員一同、より安全で安心な医療の提供に力を尽くしてまいります。大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫びいたします。

令和3年4月21日
宝塚市立病院

令和3年4月15日(木)、リハビリテーションの補助業務を行う当院職員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

リハビリテーション補助は、訓練室内における待機場所への車椅子搬送、リハビリテーション終了後の器具消毒等を業務としており、患者様への介助は行いません。なお、当該職員が就業中は常時マスクを着用しており、患者様および職員に濃厚接触者はおりません。このため宝塚健康福祉事務所の指導の下、全ての診療業務を通常通り継続してまいります。

職員一同、より安全で安心な医療の提供に力を尽くしてまいります。大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫びいたします。

令和3年4月15日
宝塚市立病院