本院看護師の新型コロナウイルス感染について

本院看護師の新型コロナウイルス感染について

本院看護師の新型コロナウイルス感染について

新型コロナウイルス感染症に罹患された患者さま及び関係者のみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

1月26日(火)、本院病棟看護師1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。当該職員は7階東病棟勤務の看護師です。

当該看護師は1月24日(日)夜勤中に頭痛、咽頭痛、夜勤明けの帰宅後から発熱したため、1月26日(火)に当院の抗原検査及び迅速PCR検査を行い、陽性を確認しました。

当該看護師は症状が出た日以降は勤務しておらず自宅待機しております。感染経路は、現在のところ不明です。勤務中は常時マスクを、必要に応じてフェイスシールドを着用しており、患者様及び職員に濃厚接触者はおりません。慎重を期すため、当該看護師が勤務する病棟の入院患者様のうち接触のあった11名につきまして、今後PCR検査を実施して参ります。

診療体制につきましては、入院診療、外来診療および救急医療等は通常通りです。ただし、当該職員が勤務していた病棟は2週間程度新規の入院患者様の受入を中止いたします。

患者さまやご家族さま、市民のみなさま並びに関係機関のみなさまには、ご心配とご迷惑をおかけ致しますことを、心よりお詫び申し上げます。

宝塚健康福祉事務所の指導の下、万全を期して対応して参ります。職員一同、感染拡大の防止に全力で努めております。何卒ご理解、ご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

令和3年1月27日
宝塚市立病院
病院事業管理者 明石章則