宝塚市立病院は通常診療を行っております

宝塚市立病院は通常診療を行っております

宝塚市立病院は通常診療を行っております

新型コロナウイルス感染症に罹患された患者さま及び関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

7月17日(金)本院病棟勤務の看護師2名が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。当該看護師と接触のあった看護師および入院患者さまに対しPCR検査を行い、陰性を確認致しました。現在まで院内感染は発生していないことをご報告いたします。

患者さまやご家族、市民のみなさま並びに関係機関のみなさまにはご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。

なお、本院は新型コロナウイルス感染症への対応として、帰国者接触者外来を設置しPCR検査を実施してきました。また、有熱者の診察は総合内科2を設置し診察しております。
いずれも一般外来の患者さまとは別の動線の確保を徹底しております。

感染患者さまの入院受け入れにつきましても、専用病棟を開設して専属医師、専属看護師が治療することで院内感染の防止に努めております。

現在、本院は感染対策を徹底した上で通常通りの診療を行っており、初診・再診患者さまのご予約はもとより、地域の医療機関からのご紹介も通常通り受け付けております。各種検査及び手術も通常通り行っています。エアロゾルが発生する治療などにつきましては、保健所と相談の上、事前にPCR検査を行い、陰性確認後に治療開始するなど対策を徹底しています。

兵庫県におきましては「感染警戒期」に入り、第二波に備え十分な準備が必要とされています。当院におきましても6月1日より面会制限に緩和して参りましたが、昨今の感染患者さまの増加を鑑み、さらなる厳重な感染防止対策が必要であると考え、再度面会を禁止させていただきます。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

職員一同、より安全で安心な医療の提供に力を尽くしてまいります。よろしくお願い申し上げます。

2020年7月20日
宝塚市立病院
病院事業管理者 明石章則
病院長 今中秀光