本院看護師の新型コロナウイルス感染について

本院看護師の新型コロナウイルス感染について

本院看護師の新型コロナウイルス感染について

新型コロナウイルス感染症に罹患された患者さま及び関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

9月22日(火)、新型コロナウイルス感染患者様の関連病棟看護師1名が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。感染経路は確認中ですが、感染が判明している入院患者様からの感染が疑われます。

当該看護師は9月17日(木)以降、勤務しておりません。入院中の患者様および医師や看護師等の医療従事者に濃厚接触者はいないことを確認しております。

当面の病院機能に関しまして、保健所の指導の下、当該病棟に関係する医療従事者は、健康観察を行いながら勤務を継続し、引き続き感染患者様の治療、看護を行わせていただきます。また、外来診療および職員の新型コロナウイルス感染が判明した病棟以外の病棟への予定入院は、通常通り行ってまいります。

しかしながら、いまだ自宅待機等により医療従事者数が制限されていることから、救急医療は継続するものの、軽症者の受け入れのみに縮小し診療して参ります。

患者様やご家族、市民のみなさま並びに関係機関のみなさまにはご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。職員一同、より安全で安心な医療の提供に力を尽くしてまいります。よろしくお願い申し上げます。

2020年9月22日
宝塚市立病院
病院事業管理者 明石章則
病院長 今中秀光