診療科の紹介

診療科の紹介SUBJECT of MEDICAL TREATMENT

薬剤部

患者さんへ

病気の治療にお薬は欠かせません。私たち病院薬剤師は、医師・看護師などとともにチーム医療の一員として、患者さんに安全で効果的な治療を受けていただくことを念頭に、お薬や注射薬の調剤、製剤、お薬の効果や副作用のモニタリング、服薬指導、医薬品管理、医療スタッフへの薬品情報提供などを行っています。

スタッフ紹介

職種 名前 役職や資格など
薬剤師 吉岡 睦展 吉岡 睦展
薬剤部長
薬学博士、医療薬学指導薬剤師、医療薬学専門薬剤師、ICD(インフェクションコントロールドクター)、抗菌化学療法認定薬剤師、老年薬学指導薬剤師、実務実習指導薬剤師、研修認定薬剤師
薬剤師 正置 耕一 正置 耕一
副主幹
医療薬学専門薬剤師、実務実習指導薬剤師
薬剤師 高子 優子 高子 優子
副主幹
薬学博士、緩和薬物療法認定薬剤師、老年薬学認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、研修認定薬剤師
薬剤師 西山 祐美
主査
医療薬学指導薬剤師、医療薬学専門薬剤師、実務実習指導薬剤師
薬剤師 森田 聡子
主査
医療薬学指導薬剤師、医療薬学専門薬剤師、実務実習指導薬剤師
薬剤師 森本 典子
主査
実務実習指導薬剤師
薬剤師 近藤 万友美
主査
医療薬学専門薬剤師、がん指導薬剤師、がん専門薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師、実務実習指導薬剤師
薬剤師 下村 美穂
主査
実務実習指導薬剤師
薬剤師 杉生 雅和
主査
抗菌化学療法認定薬剤師、老年薬学認定薬剤師、研修認定薬剤師
薬剤師 石津 智司
主査
抗菌化学療法認定薬剤師、感染制御認定薬剤師、老年薬学認定薬剤師、救急認定薬剤師、災害医療認定薬剤師、ICLS認定インストラクター、日病薬病院薬学認定薬剤師、認定褥瘡薬剤師、研修認定薬剤師
薬剤師 若松 雄太
主査
抗菌化学療法認定薬剤師、感染制御認定薬剤師、老年薬学認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、研修認定薬剤師
薬剤師 中川 史絵
栄養サポートチーム専門療法士、実務実習指導薬剤師
薬剤師 小林 由美子
医療薬学専門薬剤師、NR・サプリメントアドバイザー
薬剤師 長尾 彰太
老年薬学認定薬剤師、糖尿病薬物療法准認定薬剤師
薬剤師 澁谷 奈穂
外来がん治療認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、研修認定薬剤師
薬剤師 河岡 真由美
兵庫県糖尿病療養指導士、日病薬病院薬学認定薬剤師
薬剤師 細見 真世
日病薬病院薬学認定薬剤師
薬剤師 有延 早弥香
薬剤師 小澤 拓
薬剤師 波多野 友美
薬剤師 根上 朋子
薬剤師 今西 可奈子
薬剤師 濵田 祐華
薬剤師 饒平名 長武
薬剤師 土田 裕貴

服薬指導

調剤 薬品名、規格、用法・用量、飲み合わせ、配合変化などを確認しながら薬剤を調合します。
注射薬調剤 患者さんごとに注射薬調剤を一回量調剤します。
医薬品管理 治療計画(プロトコール)に基づき抗がん剤の投薬量、投与間隔、副作用を確認します。
医薬品購入・保管、各部署供給は一貫した管理を行います。
麻薬・毒劇薬・向精神薬、血液製剤ロット管理も行います。
モニタリング 相互作用によって起こる有害事象を未然に防いだり、お薬の治療効果を上げるため、使用するお薬の効果や副作用を観測します。
服薬指導 安心、納得してお薬を飲んでいただくため、医師の依頼に基づき服薬指導を行います。
服薬指導 服薬指導 服薬指導

認定施設

  • 地域薬学ケア専門薬剤師研修施設(第21-0099号)
  • 医療薬学専門薬剤師研修施設(第20-00-0018号)
  • がん専門薬剤師研修施設(第20-10-0136号)
  • 薬物療法専門薬剤師研修施設(第18-12-0085号)
  • 薬学生実務実習受入施設(28-H030-214003)
  • プレアボイド報告施設

診療実績(2020年1月~12月)

外来処方箋(院内) 枚数 3,240
件数 5,836
外来処方箋(院外) 枚数 90,236
入院処方箋 枚数 79,634
件数 132,534
注射薬外来処方 枚数 21,991
件数 37,221
注射薬入院処方 枚数 109,910
件数 204,534
血液製剤処方 枚数 681
件数 1,252
薬剤管理指導 算定件数 20,143
抗がん剤無菌調製業務(入院) 件数 3,288
抗がん剤無菌調製業務(外来) 件数 5,284
抗癌剤無菌調製業務(合計) 件数 8,572
(単位:件)

医療関係者の方へ

PDFアイコン外来がん化学療法レジメン一覧表

宝塚市立病院は、外来がん化学療法において地域の保険薬局との連携強化に努めています。患者さんへ治療内容を記載したパンフレットや化学療法レジメンスケジュールを提供し、さらにお薬手帳には点滴注射のシールを貼付して、他の医療機関や保険薬局に提示するよう指導しています。
また、宝塚市では当院薬剤部が事務局の宝塚市薬剤師地域連携研究会(通称:宝つーかーの会)でもがん化学療法に関する定期的な研修を実施しています。外来がん化学療法のレジメンや患者の状態に関する相談および情報提供等につきましては、服薬情報提供書(トレーシングレポート)をご活用下さい。
ご不明な点につきましては、薬剤部へご連絡下さい。

連絡先:宝塚市立病院 薬剤部 TEL:0797-87-1161(代)